体臭と汗の関係とは?

は人間の体には無くてはならない物質で、体温を一定に保ったり、ほてった体を冷やしたりと、体温を調節する大事な機能を果たしています。
しかし、汗をかいたり、スポーツの後に体臭が気になるように、汗は体から出る匂いとも大きく関わりがあります。


汗の匂いが気になる場合、この汗こそが体臭の元と考えられがちですが、実は、サラリとした汗そのものには匂いはありません。
サラリとした汗をかいた時、匂いはほとんど気にならず、体温が調節されるとともにスーッと汗がひいて汗をかいた部分のベタつきも気になりません。
しかし、ベタベタとした汗をかいた時には大抵の場合イヤな体臭が伴うものです。


何故、ベタベタした汗は匂うのでしょうか?


それは、汗が皮脂と混じり合い酸化してベタつくだけでなく、細菌が繁殖することでイヤな匂いを発するためです。これがいわゆる男の体臭といわれているやつですね。


また、体から出る匂いには食習慣や生活習慣が大きく関わっており、脂っこい料理や肉中心の料理などを摂りすぎると皮脂から匂い物質が出やすくなり、汗と混じり合って匂いを発することがあります。
ストレスや不規則な生活習慣が与える影響も大きく、運動不足などから汗をかく機能が低下することも匂いの原因となります。


汗には体温調節だけでなく、毛穴を開いて奥に詰まった汚れや匂いの原因となる皮脂などを押し出す機能もあります。そのため、定期的に運動を行ったり、ゆっくりとお風呂に入って汗を流すことで、サラリとした汗をかけるよう心がけることが汗による匂い防止には最も効果的といえます。